いち調剤事務として、直接「ありがとう」を聞き、関係性を築ける

職種 調剤事務

兵後 央華

「病気の根本は食にある」と考える私が、患者さんの近くでサポートを

短大で栄養士の資格を取得した私は、資格を活かして働けることを第一に就職活動を始めました。栄養士としての働き方は、病院、福祉施設などでの食事管理が多かったのですが、食事管理以外で誰かの役に立てる働き方や選択肢はないか模索していました。そんななか、大学の先生からメディカルリンクのことを教えてもらいました。調剤薬局が栄養士の募集をしていることに初めは驚いたものの、実は私自身、ちょうど就職活動中に病気に罹り、調剤薬局へ行く機会が増えていました。「病気に罹った人が来るここで、栄養士として少しでも役に立てるのではないか」と考えるようになり、調剤薬局でなら食を通した病気予防はもちろん、病気の改善や病気になったあとも患者さんをトータルでサポートできるかもしれないと思いました。これまで学んできた知識を新しい形で活かせることに魅力を感じ、入社を決めました。

地域の方の言葉を、直接聞けることがやりがいに

入社してすぐは調剤事務として配属店舗の事務作業をしながら、栄養士として栄養相談も担当しました。ご来局された患者さんの体調をヒアリングしたり、時には測定器を使い骨密度や脂肪率、筋肉量などの数値を測定し、数値改善のアドバイスをしたりしました。調剤薬局は患者さんが定期的にご来局される場所だからこそ、伴走しながら生活や食事のサポートをすることができます。その結果、数値が改善されたときの喜びを一緒に感じ、「調子が良くなった。ありがとう」との言葉には達成感が得られました。 現在は産休を経て復職し、調剤事務の仕事をメインに行っています。中でも、健やか薬局は「地域ど密着」を掲げているため、地域の方との交流を深めるイベントを店舗ごとに企画・運営しています。これまで子供向けのクリスマスイベントや、アロマを使ったバスボム作りイベントなどを企画し、イベントに伴うポスター作成や当日の進行も担当しました。イベントに来てくださった方から「楽しかった」と言ってもらえたり、何回もイベントに来てくださる方とは顔見知りになったり、お客様と関係を築くことができるメディカルリンクならではの仕事にやりがいを感じています。

患者さんが喜ぶ姿を思い浮かべて、企画やアイデアを形にする

他にも、調剤事務として薬の在庫管理やOTCと呼ばれる、薬以外の飴やお菓子などの食品の発注、陳列、ポップ制作などの売り場作りも仕事のひとつです。OTC商品の入れ替えもしており、栄養相談をさせていただいた患者さんのお困りごとからニーズを探り、必要としている商品を取り寄せ、店舗に置くようにしています。また、季節のイベントに合わせて、例えばバレンタインの時期は無料ラッピングキャンペーンを行うなどの販促企画も実施しています。お薬を受け取るまでの待ち時間で、患者さんにあった商品の提案やキャンペーンをきっかけに会話が始まり、関係性を築いたうえで購入に至ると「やった!」と嬉しさを感じます。当社は、イベント企画や売り場作りなど各店舗に裁量があるため「やってみたい」と思ったことは自由に企画、実現ができます。企画したことをスタッフみんなで形にしていく過程は当然大変なことも多いですが、スタッフたちと患者さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら一丸となって健やか薬局を盛り上げる楽しさは格別です。

健やか薬局と患者さんの橋渡しから、患者さんと薬剤師の橋渡しへ

メディカルリンクに入社して8年。入社前に想像していたよりも、患者さんに寄り添いながら働くことができています。健やか薬局は調剤薬局ですが、お薬の提供だけでなく、栄養面や健康全般のサポート、そして地域の方の拠り所でもあると感じます。実際、栄養相談をきっかけに「兵後さんと話したくて」と、一人暮らしのご高齢の方がご来局され、他愛ない話を一緒にしたことがあります。いち栄養士として、お客様と直接関係を築けていることがとても嬉しいです。今後は、健やか薬局と患者さんの橋渡しはもちろん、薬剤師さんと患者さんの橋渡しもできるようになりたいと思っています。例えば、患者さんは体調のお悩みや服薬の不安などを抱えている場合があります。そのようなときに第三者として私がお伺いし、薬剤師さんに共有するなど、患者さん・薬剤師さん双方にとって「頼れる存在」になりたいです。店舗内の連携を強くすることは、結果的に患者さんのためになると私は思います。職種の枠に捉われることなく自ら動き、「何かあったときは、健やか薬局に行こう」と地域の方にとって当たり前の存在になることに貢献していきたいです。