就活生に知ってほしい病院と地域薬局の働き方の違い

薬局の在宅業務

今回は三重県の基幹病院から地域調剤薬局のメディカルリンクへ転職した田中さんにインタビューを実施しました。

大学は関西の大学で6年間で勉強をして、地元の三重に戻ってきたそうです!

転職のきっかけは経営のノウハウを知るため

昔から、調剤薬局を自分で経営したいと思っていました。メディカルリンクでは独立支援制度も、しっかり整っていて、将来的に考えたときに、自分にプラスになる転職先だと感じました。

転職支援サイトとHPを見て、メディカルリンクのことを知り、面接を受けました。

自分の薬局では、医療対処用法、予防的な医療をやりたいと思っています。メディカルリンクでは、管理栄養士と連携して予防医療なども力を入れているので、その部分も日々勉強になっています。

病院と薬局での働き方の違い

基幹病院ではベットサイドでの服薬指導もやっていました。手術だけの患者さんも多く、入院の期間は短いので、同じ患者さんに長く接している時間は調剤薬局の方が長いと思います。

薬局と病院と違いでは、病院は色々な医療を提供している点です。薬剤師がしっかり見て今の状況や判断できるようになっている。

病院内で、薬の量を調節することを提案できたり、抗がん剤、薬局では取り扱えない薬を、知識としてはすごくつく。

調剤薬局では、業務が全く違います。サービス業的な部分もあるので、接客を意識する機会も多いです。

患者さんと長く関わっていくので、病院の時と大事なポイントが異なります。

入院される患者さんに橋渡し、慢性期の患者さんだと異変に気付けるように気をつけています。

現在の薬局での働き方

メディカルリンクに転職をしてもうすぐ1年が経ちます(2019年3月現在)

まずはしっかりと調剤業務を勉強して、調剤の基礎をやってきました。

在宅に関しては、施設対応や施設の責任者の方とのやり取り、個人在宅も1件請け負っています。

月に2回程度個人宅へ訪問し、患者さんの様子を確認しています。

働いてる上で大事にしていることは自分が能力を身に付けて行って、勉強したことが患者さんにとって役に立つようにアウトプットをできるように心がけています。

患者さんに安心して受けて頂けるように、患者さんとのコミュニケーションだけでなく、スタッフ間のコミュニケーションにも注意して業務を行なっています。

医療業界で志がある人、目標や夢がある方だとメディカルリンクでは良い経験を積むことができるかもしれませんね!

調剤未経験での教育体制

教育体制についてはこれから、どんどん良くなっていく過渡期だと思います。新卒社員も増えてきて、教育体制が少しずつ整ってきています。

中途入社の方は配属店舗の管理薬剤師に色々と教えてもらっていく流れになっています。

自分の配属店舗では2,3年前に入社した方が管理薬剤師なので、その薬剤師の方の教え方や考え方が非常に勉強になり、色々教えてもらっています。

基幹病院から地域薬局へ転職したこの一年はすごく充実した一年になりました。

経営面の勉強になったところでは、管理薬剤師の方に、薬を頼む頼まないやデットストックの見分け方や数量的な、管理の仕方や後発品の推進についてはとても勉強になりました!

ぜひメディカルリンクでお待ちしています!

関連記事

  1. 薬学部生に役立つコラム

    新卒入社の「私」がメディカルリンクでの1年間を振り返って。

  2. 在宅で有名な中川薬剤師

    【リクルーター紹介①】かいばな薬局 管理薬剤師 「在宅は3ヶ月で楽しくなる!」

  3. 【リクルーター紹介②】やまびこ薬局 管理薬剤師 「コミュニケーション・挨拶はやっぱり大事!」

  4. 【リクルーター紹介④】神社薬局 管理薬剤師 「実は薬剤師の仕事をあまりやりたいと思っていないです。」

  5. 【新入社員インタビュー】「メディカルリンクの改善点とこれからの働き方」

  6. 薬剤師と管理栄養士の薬局の働き方とは