実務実習に役立つ!薬学生が知っておくべき薬局業務の流れと店舗ごとのルール

前回の記事で「薬局のルール」についての話題が出てきましたので、今回はそちらについてお伝えしていこうと思います!

薬局によって、よく来る診療科の違いや、患者様の数や年齢の違い、開局時間の違いなど、様々な要因があり、その要因に適したルールが基本的にあるかと思います。

それは多分病院実習や薬局実習をしていて、皆さんも実感されたことがあるかと思います!

もちろん、細かいルールもあるのですが、これをすることで、ミスを防ぎ、量と質の高い医療を提供するために私はルールはあると思っています。

今回は下記の薬局業務の流れに従って、どんなルールがあるのかお伝えします!
①在庫管理
②調剤
③監査
④薬歴記載

①在庫管理

まず、患者様にお薬をお渡しするにあたって大切なのは、薬をある状態にしておくこと!
ですが、これ、すごく難しいんです、、、
多く取りすぎると在庫金額が増えたり、期限切れしたりしますし、少なすぎると患者様に不足のお薬が出てしまい、ご迷惑をおかけしてしまったりするので、在庫管理を制することは大切なのです!
そこで挙げられるルールとしては、
どのような方法で在庫管理をするかということがあるかと思います!
例えばうちの薬局では、薬剤師の数が多いので、発注する人がすべての薬の動きを見れないので、調剤する時に開けた箱を貯めておくボックスがあるので、そこに入れるというルールがあります!
他にもパソコンで全て管理するルールや、薬によってボーダーを決めておき、それを下回ったら発注するルールなど、様々なルールがあるようです!

②調剤

次に調剤です!
まずうちの薬局では外来の患者様、施設の患者様によって処方箋を入れるカゴの色が違います。
そのカゴの色を見て今誰がどの調剤をしているのか確認できます!
次に薬歴を見て、前回からの変更がないかを見たり、どのメーカーを使っているのか確認したりします。
そして、ピッキングするのですが、薬の棚のある位置や薬のまとめ方なども、ミスが起こりにくいように薬局によって様々なルールがあるかと思います。
例えばうちの薬局では1錠のシートは患者様が飲み込む危険があるため使わないなどのルールがあります!

③監査

監査も様々なルールがあります!
例えば、うちの薬局では混合のお薬には薬袋に混合しましたという判子を押したり、薬袋の入れ口はしっかり折って、お薬が袋の中で落ちないようにするというルールがうちにはあります。
ちなみに私の実習先の薬局では、1文字ずつ確認していく方法で先生方は監査されていました。
他にも散薬や水薬の監査方法や、外用薬の監査方法など様々なルールがありますよね!

④薬歴記載

服薬指導を終えると、その内容を薬歴記載する必要があります。

これに関してもまず電子薬歴なのか、紙の薬歴なのかというかだけでも大きく違います。

うちは電子薬歴なのですが、どのように患者様を呼び出すかの方法や、薬歴の書き方など、ここだけでも様々なルールがあります>_<

例えば、ハイリスク薬と呼ばれる糖尿病薬や血液系のお薬には個別に指導内容を記載する必要があるのでその書き方や、後発品を使用されるかどうかの確認をした場合。

その結果を書く書き方、併用薬の入れる書き方、検査値の入れる書き方など、様々なルールがあります、、、

こちらも薬局ごとに違うと思いますので、ルールを把握する必要があります!

以上、簡単に数点の例だけ書こうと思ったのですが、それだけでもこれだけの長さになってしまいました、、、(;_;

もちろん、一度に全ては覚えられませんが、このようなルールを把握することで、業務効率が上がり、ミスも減り、質の高い医療を提供できるかと思います!

そして、慣れてくると、もっとミスが起こりにくい環境作りや、効率の良い環境作りなどを考えることもできて、このような工夫を考える力はどんな仕事をしていく上でも大切だなと感じます。

そのため、先輩の先生方からたくさん吸収し、自分でも考えることをやめずに少しでもより良い環境作りを目指して頑張ろうと私も思います!

もしあなたがメディカルリンクに入られたら、一緒に様々なアイデアを形にしていきましょう!

以上、上村でした!

    関連記事

    1. 薬局薬剤師もファーストキャリアの上司・先輩は非常に大事!

    2. 新卒の成長を確認するシステム「期間業績表」とは?

    3. 薬剤師×副業!!副業をして気づいた個人の人材価値を高めるということ

    4. 自分より経験値の高い薬剤師の先輩と話すためには。

    5. 地域薬局の新卒薬剤師が副業に挑戦した4つの理由

    6. チャンスは無限。映像の副業経験を活かして、地域薬局で挑戦したいこと